メインイメージ

最近の投稿

会社設立の総費用

会社設立の総費用を安くできる裏ワザ

会社設立をすると、さまざまな費用が必要になります。それらの費用を合計すると、約24万2千円になると言われています。

この金額を多いと見るか少ないとみるかは、人それぞれでしょう。資金が潤沢な状態で会社設立をする人は、特別多いと思わないかもしれません。しかし、資金が少ない状態で会社設立をする場合には、多いと思うでしょう。

会社設立をするとほかにも費用は必要になりますから、できるだけ少なくしたいと思い、1円でも安くできる裏ワザがないかと探してしまうはずです。

会社設立の費用を安くする裏ワザは、実は用意されています。

裏ワザというと怪しい響きがあるので非合法と感じるかもしれませんが、合法的なワザです。合法的に会社設立の費用が安くできるのなら、資金が潤沢な人でも使いたくなるのではないでしょうか。

費用を安くする裏ワザとは、司法書士事務所などの会社設立をサポートしている専門家に任せることです。

サポートを専門家に任せてしまうと、依頼料が必要となり却って費用が高くなると考えるかもしれません。しかし専門家に任せることによって、依頼料以上に費用を安くする事ができます。

費用を安くする事ができる理由は、電子定款です。一般的な方法で会社設立の手続きをしていると、公証人役場で定款を認証してもらうためには、手数料が5万円、謄本代が2千円、印紙代が4万円必要になります。

つまり、公証人役場で紙の定款を認証してもらうと、計9万2千円必要になるのです定款の認証を紙ではなく電子定款でおこなうと、印紙代4万円が必要ありません。

電子定款には紙の原本に貼る印紙が必要がないので、印紙代の4万円が不要になるのです。

その結果電子定款にすることによって、会社設立の層費用を20万2千円に安くすることができます。少しでも安くしたいなら、自分でするのではなく、電子定款に対応している司法書士事務所などの専門家に手続きを依頼しましょう。

たったこれだけのことで4万円も安くすることができる上に、この裏ワザにはほかにもメリットがあります。専門家に任せるメリットとは、面倒な手間から解放されることです。

専門家は、定款の認証を電子定款でしてくれることだけではありません。

一部の手続きを設立者に代わっておこなってくれるので、自分でやることを少なくすることができます。結果的に手間を少なくすることができて、そのための必要な時間を節約しながら会社設立ができます。

運転資金の準備

会社設立を果たした後は、運転資金の準備を早急に

その規模の大小に関わらず、会社設立というものは、準備すべき資金と設備、そして人材や企業活動の裏付けとなる業務内容、更に言えば将来設計から各種の手続等、必要となるものを挙げていけば、その全てを考えるだけでも、いかに困難が有ることなのか理解できると思います。

それらの困難に打ち勝つだけの信念と、計画性、そして実行力のどれかが欠けても、その企業が成功に辿り着く道のりは更に険しくなっていってしまうのです。

勿論、それらの物を全て兼ね備えていて、会社設立を果たしたとしてもその直後に直面するのが、運転資金という新たな資金の必要性です。

この運転資金というものは、資本金や資産とは異なり、日々の営業活動に無くてはならないもので、必要な素材や労働者の賃金、或いは外注先への支払いから光熱費など公共料金の支払いまで、その用途は多岐にわたり、例え会社設立を完了したとしても、この資金の枯渇は、即座に営業活動の行き詰まりを迎えてしまうのです。

一般的に、収入、つまり売上げなどは、受注した業務を完遂した後、企業の収入となるものなのに対し、人件費や光熱費、資材の調達などに必要とされる費用、更に税金もその種類によっては即座の支払いが求められ、売上額が実際の入金となるまで、待っていてくれるものではないのです。

何かを加工するにしても素材の購入費や電気代などに代表される光熱費、マンパワーを利用しての事業であれば人件費、低コストで営業活動を続ける事ができそうなIT関連企業にしても、電気代の支払いが滞れば、せっかくの知識や技術を生かすことすら出来なくなってしまうのです。

様々な決定事項を決め、登記を済ませ、目出度く会社設立を終えたとしてもそれは決して目的の完遂とはならないのです。

会社設立の目的とは、会社を興す事ではなく、会社設立を手始めに営業活動を行い、利益を得る為にあるのですから、その利益を生み出す原資としての運転資金の存在が無ければ営業活動を行うことすら不可能なのです。

つまり、資本金を準備し、人材や設備を揃え、無事に会社設立を成し遂げたのであれば、即座に運転資金の調達、そして留保にその力を注ぎ込む事が、経営者の努めと考える事も出来るのです。

事業計画に基づき、準備すべき運転資金を用立て、まず、発生する支払いの義務を果たす事によって企業は、円滑な営業活動を進める事が可能になり、計画通りの収益を上げる事が可能になるのです。

Copyright© 2014会社設立で必須となる要素を知って間違いの登記を提出 All Rights Reserved.