メインイメージ

会社設立の総費用

会社設立の総費用を安くできる裏ワザ

会社設立をすると、さまざまな費用が必要になります。それらの費用を合計すると、約24万2千円になると言われています。

この金額を多いと見るか少ないとみるかは、人それぞれでしょう。資金が潤沢な状態で会社設立をする人は、特別多いと思わないかもしれません。しかし、資金が少ない状態で会社設立をする場合には、多いと思うでしょう。

会社設立をするとほかにも費用は必要になりますから、できるだけ少なくしたいと思い、1円でも安くできる裏ワザがないかと探してしまうはずです。

会社設立の費用を安くする裏ワザは、実は用意されています。

裏ワザというと怪しい響きがあるので非合法と感じるかもしれませんが、合法的なワザです。合法的に会社設立の費用が安くできるのなら、資金が潤沢な人でも使いたくなるのではないでしょうか。

費用を安くする裏ワザとは、司法書士事務所などの会社設立をサポートしている専門家に任せることです。

サポートを専門家に任せてしまうと、依頼料が必要となり却って費用が高くなると考えるかもしれません。しかし専門家に任せることによって、依頼料以上に費用を安くする事ができます。

費用を安くする事ができる理由は、電子定款です。一般的な方法で会社設立の手続きをしていると、公証人役場で定款を認証してもらうためには、手数料が5万円、謄本代が2千円、印紙代が4万円必要になります。

つまり、公証人役場で紙の定款を認証してもらうと、計9万2千円必要になるのです定款の認証を紙ではなく電子定款でおこなうと、印紙代4万円が必要ありません。

電子定款には紙の原本に貼る印紙が必要がないので、印紙代の4万円が不要になるのです。

その結果電子定款にすることによって、会社設立の層費用を20万2千円に安くすることができます。少しでも安くしたいなら、自分でするのではなく、電子定款に対応している司法書士事務所などの専門家に手続きを依頼しましょう。

たったこれだけのことで4万円も安くすることができる上に、この裏ワザにはほかにもメリットがあります。専門家に任せるメリットとは、面倒な手間から解放されることです。

専門家は、定款の認証を電子定款でしてくれることだけではありません。

一部の手続きを設立者に代わっておこなってくれるので、自分でやることを少なくすることができます。結果的に手間を少なくすることができて、そのための必要な時間を節約しながら会社設立ができます。

Copyright© 2014会社設立で必須となる要素を知って間違いの登記を提出 All Rights Reserved.