メインイメージ

挨拶メールを書く

会社設立の挨拶メールを書く際の心がけ

個人事業主や小規模の合弁会社設立など、独立志向のサラリーマンが増えていると言われています。終身雇用制度や年功序列制度といった旧来の日本式人事制度が崩壊したため、一つの組織に長く勤めることが難しくなったからです。また、自らのキャリアは自らで構築するという、前向きな発想も、若い世代を中心に広まりを見せているのです。

会社設立までの道は決して困難を伴うものではありません。今では多くのセミナーや支援コンサルが充実していますので、専門的な法務知識や労務知識を持っていなくても、誰もが会社設立の手続きを行うことが可能になりました。

事務手続き費用だけ準備をしておけば、資本金ゼロ円でも株式会社設立は可能なのです。

会社設立までは容易に行える時代になりましたが、当然事業を成功させることは容易ではありません。ある調査によると、中小企業の半数近くが起業から3年以内に倒産しているとのデータも出ているのです。事業を成功させるか否かは、意外に細かなポイントをしっかりおさえているかが問われています。会社設立時の細かいマナーや礼儀がその後の結果につながると言われています。

メールを用いての会社設立の挨拶は一般的なものになってきました。以前は手紙を出すことが慣習的になっていましたが、双方忙しい中、メールで用件を済ませることも決して失礼ではなくなったのです。ただし、その際の最低限のマナーやルールに関しては、知らない方が多いようです。

儀礼的になりすぎる必要はありませんが、礼儀正しい文章を書くようにしたいものです。

新会社設立の挨拶メールには、事業のPRを盛り込むことが可能です。しかし、過剰なPRはネガティブなイメージをもたれる恐れもありますので、あくまで最低限度に抑えるよう心がけましょう。事業を展開する場所を地図付きで記載したり、商品の告知を行うことなどがお勧めです。

お知らせするタイミングも重要です。あまりに連絡が遅くなるのは失礼に当たります。なるべく早く連絡をとるように心がけましょう。また、お知らせする内容は箇条書きで簡潔にすることで、先方に良い印象を与えることができます。相手が読みやすいものになるよう留意しましょう。

最後に、挨拶には相手への感謝の気持ちを添えることが重要です。会社設立や事業の成功は外部の方の協力なくしてはなりえません。必ず多くの方に感謝の気持ちを持ち、それを文字や言葉にして伝える姿勢が重要です。

Copyright© 2014会社設立で必須となる要素を知って間違いの登記を提出 All Rights Reserved.