メインイメージ

印鑑届出書について

会社設立と会社登記、印鑑届出書について

株式会社の会社設立の流れと言うのは、最初に会社の基本的な事項をまとめ上げ、それを基にして定款と呼ばれる書類を作成する事になります。

定款には絶対的記載事項と呼ばれる、必ず定めて記載をしなければならない事項があり、これをしっかりと定めておかないと後で行う公証人役場での定款認証で定款が無効になることも有るので注意が必要です。

定款の認証は公証人役場で行う方法と電子認証による方法の2通りが有ります。これは紙の書類で定款を作成した場合は公証人役場に出向いて認証を受ける必要があるのですが、電子データで作成をした電子定款と言うのは、インターネットを利用して認証を受ける事が出来るのです。

電子定款のメリットはインターネットを使って行えると言うもの以外にも、定款に貼りつける印紙代の4万円が節約できると言うメリットもあるのです。

認証を得られた定款は、会社を登記する時に利用するので大切に保管をしておきます。

この後、金融機関を利用して資本金の払い込みを行います。因みに、会社法が改正されたことで、株式会社の会社設立での最低資本金額は1円から可能になっており、従来と比べると会社設立がし易くなっています。

また、資本金の払い込みを行った後に、払い込み証明書の交付が従来は必要でしたが、会社法が改正されたことで、通帳を記帳した後にコピーを取れば良い事になっており、これについても会社設立がし易くなった要因でもあるのです。

定款や払い込み証明書などを作成した後は、会社の登記を行う事になります。会社の登記は会社設立における最終的な部分でもあり、登記を行う事で世間から1つの企業と言う形で見て貰う事が出来るようになるのです。

尚、会社の登記を行う時には幾つかの書類を作成して登記所に提出が必要です。会社の実印はこの登記を行う時に印鑑登録を行う事になるのですが、この時必要になるのが印鑑届出書です。

会社の実印は、個人の実印と同じく印鑑登録をしなければなりません。また、印鑑登録を行う事で実印としての効力を持たせ、契約を行う時などに利用する事が出来るようになるのです。

印鑑届出書は、法務省のホームページの中に専用の用紙が用意されており、自由にダウンロードして利用する事が出来るようになっています。

尚、法務省のホームページのダウンロードページの最下部には印鑑に関する届け出と言う項目があり、この中に印鑑届出書のダウンロードのリンクが有るのでそれを利用する事で書類をパソコンにダウンロードする事が出来るのです。

Copyright© 2014会社設立で必須となる要素を知って間違いの登記を提出 All Rights Reserved.